スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料ECサイト構築サービス・続編 特定商取引法の表示について調べてみた

  • 2012/09/13(木) 06:43:02

先週掲載した記事、『無料ECサイト構築サービス』をTwitterでも広報したいところ、ある方から「特商法の箇所も比較してみて下さい」というコメントをいただきました。

確かに、特商法のことはノーマークだったので、ちょっと調べてみました。

まず、ご指摘いただいた内容は以下のリンクにまとめられています。

Naver まとめ
「Stores.jp」でストアを開設した人は特定商取引法違反になるのか?

http://matome.naver.jp/odai/2134663909640170501
(コメントはこれをまとめられた方からでした)

端的に言うと、Stores.jpは特商法の表示義務を怠っているのではないか、ということです。

では、そもそも、特商法の表示義務なんなんでしょうか?
簡単に言うと、ネットショップを含む通信販売は「特定商取引に関する法律」によって、販売条件の表示を義務付けられている、ということなのです。
ここでいう販売条件とは
 ・販売価格(役務の対価)
 ・送料
 ・販売価格、送料等以外に購入者等が負担すべき金銭があるときには、
  その内容およびその額
 ・代金(対価)の支払い方法 
等々のことを指しますが、これらに加えて、
 ・販売所業者名
 ・運営統括責任者名
 ・住所
 ・電話番号
 ・メールアドレス等の連絡先
なども表記する義務があります。

詳しくは以下のリンクを参照してみてください。

経産省 特定商取引法 
インターネットを利用して商品の販売等を行う方が守るべきルール

http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/281883/www.meti.go.jp/policy/consumer/contents4.html

消費生活安全ガイド 通信販売広告について
http://www.no-trouble.go.jp/#1232095829427


話を元に戻しましょう。
Stores.jpでは本当に必要な表示ができないのでしょうか?
私が調べた範囲での結論からいうと、表示は可能です。
確かに、ストアのサンプルや、上記のまとめの中にある段田商会での「特定商取引に関する表記」では、開発会社の社名や社長の名前、住所、連絡先が表記されており、不完全そのものに見えます。



しかし、「よくある質問」の中には以下のようなQ&Aがあります。

===============
「特定商取引法に関する表記」は必ず表示する必要がありますか?

A「特定商取引法に関する表記」は経済産業省により、オンラインショッピングを運営するにあたっての必要な表記事項となっております。
特定商取引法に関する表記は、ログイン後、ダッシュボードの「ストア情報」より設定していただくことが可能です。
販売事業者に該当する方は販売者情報の表示を実施して頂けますようお願い致します。(以下省略)
===============

これを見る限りでは可能のようです。

上記の方法に沿って、実際に試してみました。



これが登録後に表示された「特定商取引法に関する表記」のページです。
送料の表記や事業者の名称および連絡先については変更できてますよね。

ということで、実際には、できないのではなく、登録していないからだと思われます。ただ、登録していない状態で公開できてしまう、というのが大きな問題でしょうね。これは何らかの制限をかけるべきでしょう。

また、この特商法の表記がページのどこにあるのか、非常に分かりにくいと思います。デザイン重視でカッコよくなってはいますが、万人にわかるか、と言えば答えはNo!でしょう。このあたりも改善の余地はあると思われます。

なお、前回の記事で紹介した
ZEROSTORE http://zerostore.jp/
については、機能一覧のなかに「特定商取引法」と明記されており、かつ、サンプル画面にも「ご利用ガイド」の中に送料に関する表記等があるので、おそらくは問題ないと思われます。

MakeShopフリーショッププラン http://www.makeshop.jp/main/plan/free.html
に関しては、サンプルサイトを見る限りでは問題なく表示されていますので、こちらは間違いないと思います。

スポンサーサイト

無料ECサイト構築サービス

  • 2012/09/04(火) 16:43:02

9月に入ったとはいえ、なかなか暑さは和らぎませんね。
先週末の、時折狂ったように降る豪雨にも驚きましたが。

さて、7月、8月と立て続けに2つの無料ECサイト構築サービスが発表されました。

発表日    社名         サービス名     URL
7月18日 株式会社DeNA    ZEROSTORE  http://zerostore.jp/ (以下、ZS)
8月30日 株式会社ブラケット  Stores.jp     https://stores.jp/  (以下、SJ)

気になるサービスですので、早速、内容をチェック。
ざっくりと、ではありますが、気がついた点について両者の比較をしてみました。

●デザイン(テンプレート)
 どちらもテンプレートが用意されており、これをモディファイする、という方式です
 が、以下の様な違いを感じました。
 ZS:オーソドックスなECサイトのデザイン
   既存のECサイトのデザインをそのまま持って来た、ありがちなデザインです
   が、カテゴリー等のナビゲーションデザインもきちんとされており、しばらくは
   (商品数、売上が大きくなっても)そのまま使えそうなイメージです。
 SJ:一見、ECサイトらしくないが、ちょっとオシャレなデザイン
   ECサイトらしくないのでやや驚きましたが、オシャレな印象でこれもあり
   かな?って感じです。ただ、ナビゲーション的な要素がないため、1ページで
   収まるくらいの商品数までならなんとかなりそうですが、それ以上になると
   ちょっとやっかいかな?という印象です。
 また、フリーページ(HTMLでいちから作成できるページ)に関しても、
  ZS:OK   SJ:NG
 という状況です。
 ECビジネスの成長が、商品数の増加、それに伴ってサイトナビゲーションの充実、
 必要なコンテンツの追加、という過程をとると考えれば、これらのサービスを利用
 して売上を上げる事を前提とする場合、ZSのほうがよいかもしれません。

●商品数
 掲載可能な商品数に関しても、以下のような差があります。
  ZS:(無料) ~1,000商品   (有料オプション;4,990円/月) ~3,000商品
  SJ:(無料)~5商品(公開数) (有料オプション;980円/月)  無制限
 まともに売上を上げようと思えば、ある程度の商品数は必要になると思います
 ので、SJの場合には早めに有料プランに移行する事になりそうです。
 ただし、980円/月さえ払えば掲載商品数無制限というは魅力ではあります。

●決済手段・手数料(12年9月4日時点)
 ZS:手段=クレジットカード、コンビニ、銀行ネット、ペイジー、Yahoo!ウォレット
   手数料=月額固定(3,990円 or 4,990円)+ トランザクション毎課金
       (詳細はこちら
 SJ:手段=クレジットカードのみ
   手数料=トランザクション毎課金のみ(5%)

●メルマガ
 ZS:あり(テキストメール5,000通までは無料それ以上の配信、およびHTMLメール
      に関しては有料、詳しくはこちら
 SJ:なし(開発中)

●独自ドメイン
 ZS:可能
 SJ:不可(不可との明示はないが可能という記載もないので)

どちらもまだ発表したばかりで、開発中の機能も多いため、早急な判断はできませんが、現時点での機能のみを見る限りでは、両社のサービスに関して、以下のような印象を持ちました。(あくまでも個人的な印象です。)

 ZS:企業として取り組んで、すでに販売実績のある商品を、ある程度、
    規模を大きくすることを前提としてのECビジネスのトライアルとして
    利用するのに向いている
 SJ:ちょっと変わった商品(少品種で特徴のある商品群)が売れるか
    どうか判断するために、個人、もしくはそれに近い規模の会社が
    試しに売ってみる、という商品販売のトライアルとして利用する
    場合に向いている


ただ、どちらで立ち上げるにしても、ECビジネスはサイト立ち上げ後の運用が成否を分けることになります。
したがって、その後の運用(PDCAサイクルの継続)により多くの投資できるようにする(予算を取っておく)方が賢明かと思われます。その意味では、無料で立ち上げられるというのは非常にいいですね。

<参考> MakeShopフリーショッププラン
参考までに、無料ではありませんが、サイト構築ASP大手・MakeShopも月額無料のプランがありますので、概要を記載しておきます。

●MakeShopフリーショッププラン
 初期費用:10,500円
 月額費用:0円
 商品数 :~30商品
 デザインテンプレート:あり
 フリーページ:なし
 決済代行:月額固定費+トランザクション毎課金
 詳しくは ⇒ http://www.makeshop.jp/main/plan/free.html

ヨットレースも経営も「タクティシャン」が重要

  • 2012/06/20(水) 09:41:06

先日、ヨットレース(第30回 三浦-伊東ヨットレース)のお手伝いをしてきました。

スタートラインの設定やスタートのコール等々、スタート関連の仕事だけだったので、全艇がスタートしてしまえばお仕事終了なので、あとはビール飲みながらゴール地点に向かうのみ。
(この日のレースは三浦から伊東までのワンウェイ。伊東で表彰式&パーティー)

この日は風が弱く、なかなか走らずどのフネも苦しんでいました。
そんな中、こちらはエンジンをかけてレースの邪魔にならないようにレース観戦。
ウチのフネには運良くベテランセーラーが2名同乗しており、いろいろと解説してくれます。
どのあたりが風が吹いていそうか、そんな中で各艇がどんなコース取りをしていて、
どんな作戦を立てていそうか、等々。
私は素人に毛が生えた程度なので、フムフムと聞いているだけなのですが、
そんななかで非常に面白い話を聞きました。

====================
舵をとるヘルムスマンが風をよみ、どのようにフネを走らせれば勝利できるか、
を考えるのは当然だが、より広いレース水域の状況(風、潮流等)を把握し、
その中で他艇がどのような戦略で走らせようとしているかを分析し、競合に
勝つための戦略をヘルムスマンと相談して決める
「タクティシャン」という役割も長丁場のレースでは重要なんだよ。
====================

Wingsこれって、まさにビジネスの世界にもそのままあてはまるなぁ、と感銘を受けました。
舵をとるヘルムスマンが経営者であることは疑う余地がありませんが、あなたの会社には「タクティシャン」はいますか?
経営者と同じくらいのビジネススキルをもち、大局をきちんと分析できる人、あるいは組織。
大企業であれば、名前は違いこそすれ、これに相当する人・組織は存在すると思いますが、中小企業の場合はなかなかこのような役割を果たす人・組織が存在しないのが実情ではないでしょうか?

自分自身が果たすべき役割は、まさに中小企業の「タクティシャン」として、経営者とタッグを組んで、会社の業績に貢献する事ではないないか、と考えた次第です。

これから、「タクティシャン」って名乗ることにしようかな?

業務 再開いたします

  • 2012/06/08(金) 13:59:45

皆様、

ご無沙汰しておりました。エイピーサクシード・鈴木です。
しばらくエイピーサクシードとしての活動から遠ざかっておりましたが、
この6月からまた再開する事となりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

エイピーサクシードとしての活動から遠ざかっている間、とある会社の
ネットショップの店長をやっておりました。
その経験を活かして、当面はネットショップの業績改善のお手伝いに注力しようと
考えております。    詳しくはこちらをご覧ください。

ネットショップを始めてはみたものの、思ったように売上が伸びない、という方々他、
ネットショップでの課題を感じられ手おられるようでしたら、是非、一度お問合せください。
無料診断も行っておりますので、お気軽にどうぞ。

サマータイムの勧め

  • 2011/05/02(月) 09:52:59

おはようございます。
今日はゴールデンウィークのなかの平日ですが、皆さんはお仕事でしょうか?
私はGWも休みのような、仕事のような、といった、けじめのつかない生活になりつつありますが、もっとメリハリを付けないといけないですね。
とはいえ、休みの日は練習量はぐっと多くなりますので、十分、休んでる形ですかね?

さて、先週、「サマータイム見送り」ってニュースが流れていましたが、私は当然だろうと受け止めました。そもそも、これまで何度も議論されているにもかかわらず、実現していないのに、非常時だからといって、こんな短期間で結論が出るわけがない、と思っていたからです。様々なシステムの修正等を考えると、こんな短時間で実施するには無理があります。その意味では今回の見送りは妥当な判断と思います。ただ、サマータイムの効用があると思うのであれば、継続的に検討を続ける必要があると思うのですが、おそらく、このまま立ち消えになるような気がします、喉元過ぎればなんとやらで・・・。まあ、今夏の電力需給状況次第ともいえますかね?
とはいえ、企業には始業時間繰り上げを要請する等、自主的な協力を求めているようです。私の考えでは、業務上、支障のない部署ならやるべきだと思っています。そう、私は昔からサマータイム支持派なんです。

私がサマータイムをおすすめする理由はいくつかありますが、初めてサマータイムがいいなぁと思ったのは、今から十数年前にアメリカに行ったときのこと。やたら日暮れが遅くて、夜の8時になっても外で遊んでいられる。夜の7時過ぎに公園で父子がキャッチボールしているのを見ながら、つくづく普段残業漬けになっている自分を情けなく思ったものです。その後、シアトルにいたときも、サマータイムは楽しかったですね。なにしろシアトルは緯度が高いので、やたらと暗くなるのが遅くて、10時近くまで明るいんです。屋外のテラスで明るいうちからビールなんか飲んでると、ひとしきり酔っ払ってもまだ明るい。夜はこれから!なんてとっても楽しい気分で過ごしたことを思い出します。

そんな楽しいサマータイムなんですから、自分で時間をコントロールできる立場の今、これを楽しまない手はありません。そう、今、私は一人でサマータイムを実践中です。
朝は5時半に起きて、6時には仕事を開始します。そうすると、どんなに早い時間のアポイントでも2時間近くは家で仕事ができます。この朝の2時間はとても大きい。頭がすっきりしているので、前日の振り返りと今日の段取りをし、考えをまとめなければいけない仕事はこの時間に集中して行います。非常にはかどる。ここでいいスタートができると1日が有効に使えるんですよね。
その代わり、通常のなら、18~19時、遅くても21時には仕事を終えます。正直言うと、これくらいの時間になると、集中力が続かないので、単純作業以外には使えません。なので、新しい仕事を20時以降から始めることはよほどの事情がない限りはしません。その後、運動して食事、12時くらいにはベッドに入ります。自分としては、これがいい生活のサイクルのようです。このリズム、しばらく続けていきたいと思っています。

やっぱり、明るいうちからビール飲み始めるのは楽しいですからね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。