スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 8の価格が気になる

  • 2012/10/29(月) 20:00:40

ご無沙汰しておりました。
ようやく秋らしくなってきましたね。
昼間のランニングはまだ半袖短パンでなんとか行けますが、
朝夕はさすがに厳しくなってきました。

さて、先週はIT業界にとっては非常にインパクトのあるニュースが目白押しでした。
iPad mini、Windows 8、Kindle・・・
個人的にも物欲がかなりそそられており、抑制するのに四苦八苦。

そんな中で個人的に一番気になったのは、Windows 8の価格です。
「Windows 8発売、3300円のダウンロード販売も開始」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121026/432763/?m 
えっ、と目を疑いました。
何しろ、これまでWindowsのアップグレードといえば、1万円以上はするものと覚悟していたので、かなりの予想外です。パッケージ版でも5,495円(Amazonでの価格)です。
なんか、狐につままれているような・・・

「またどうせ高いんでしょ?」って思っていた私は、今回はアップグレードなしだな、と決め込んでました。
というよりも、そもそも、3年に1度、大した変化のないものに1万円以上も払わされるようなものと決別した方がよいのではないか、とまで思っていました。

そして、こんなコラムも発見して、かなり同意してしまいした。
「まもなく発売の「Windows 8」、購入前に知っておくべきこと」
http://japan.cnet.com/news/commentary/35023388/?tag=nl
(このコラムの中の "自分に問いかけてみるべき質問" の一番最初に、
 "--そもそもあなたは今後もWindowsを使い続けたいと思っているのだろうか、それとも別のOSに乗り換えた方がいいのか。" とあります。まさに、「使い続けるのか」という疑問が特にアップグレードの価格の点で発生していたのです。)
ただ、今回、この価格の問題はかなり緩和された形ですね。
それでもまだ、OS Ⅹ Mountain Lionの1,700円に比べりゃ2倍近く高いんですけどね。

それにしても、3年前とは大違いですね。
ちなみに、3年前、Windows 7にアップグレード(Vista⇒7)したときには、やはり「発売記念優待パッケージ 数量限定」版で18,880円。どう見ても殿様価格です。他に選択肢はないから、高くても払うだろ、的な値付け。
これと比べると、今回はパッケージ版でも1/3以下に下がっています。
そもそも3年前にはiPadはなかった。タブレットなんてものがなかった。
それがいまやパーソナルコンピューティングの主役になりつつある。営業マン端末の主流になりつつある。
今回のWindows 8の機能がタブレットを前提にした作りになっている事を考えると、この流れには乗らざるをえないということでしょうね。ついでに価格面でも(iOSのアップグレードはそもそも無料ですからね)。全てにおいて、Appleにひっぱられている、という印象です。

「なりふり構わぬ」という印象すら受けますが、しかし一方で、こんな記事もありました。
「iOS 6のビジネス向け6機能と「Surface」の脅威について」
http://jp.techcrunch.com/archives/201210286-business-friendly-features-in-ios-6-and-what-they-say-about-the-new-surface-threat/

既存の企業インフラの多くをMSが握っている事実は否めないから、基幹系との親和性で攻めてくるとMSは強いかも?ということなんですね。確かにその通りです。
この動きが加速すると、ひょっとして来年以降、勢力図が変わってくる可能性があるかもしれませんね。
そうなれば、面白くなりそうです。
いずれにしても、ユーザーとしては、よいものが安く使えるのが一番ですからね。

P.S. 結局、Windows 8へのアップグレードは年末まで様子を見ることにしました。
   それまでにいろいろと情報を集めようと思っています。
   いずれにせよ、入替には結構な時間を要しますから、あまり軽々しくお試し、
   って言うわけにはいきません。

スポンサーサイト

電子書籍の動きが気になる

  • 2012/09/10(月) 15:53:11

前回のブログでお知らせしたとおり、先週末(9/8)、近所の武蔵野プール・武蔵野陸上競技場で行われた「武蔵野アクアスロン」に参加してきました。結果は総合10位、年代別(50代)で1位で表彰してもらいました。短距離でスピードを上げる、ということに慣れていないので、しんどかったですが、年代別優勝が取れてよかったです。詳しくはあらためて。

さて、先週末からまた電子書籍、特にリーダー(ハード)の話題が賑やかですね。

●最近の書籍リーダーの動き
9/3 ソニー
ページ送り時の残像を抑える独自技術により、画面の白黒反転を低減
高い操作性とスタミナ性能を薄型軽量ボディで実現した 電子書籍リーダー“Reader”発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0903/

9/6 Amazon
Amazonが「Kindle Fire HD」「Kindle Paperwhite」を投入
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120907/421261/?ST=keitai&P=1

9/6 楽天(kobo)
楽天傘下のコボ、電子書籍リーダー3機種を発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120907/421223/

KindleはiPad対抗機としても見られているのでこちらも気になる所ですが、今回もハードだけ騒がれて、肝心のソフトがついてきていない感が否めず、これですぐに電子書籍の市場が活性化する、という事にはならないだろうな、というのが個人的な印象です。

私自身、使ったことはありますが、定着してるとはとても言えない状況で、なかなか便利だな、とは思うものの、使い続けるためにはコンテンツがついてきてない、といったところでしょうか。

一方、少し前に日経新聞電子版のiPad版を使ってみて、「これなら紙要らないな」という感想も持ちました。新聞紙面はそのまま見えるし、拡大もできる(老眼にはありがたいです)。その上、記事も簡単にクリッピングできる。電子版の方がちょっとだけ安いのと、紙の整理(ゴミ出し)をしなくて済むので、完全に乗り換えてもいいかな、と思っています。
こんな形で少しずつ、使いやすさが感じられると広まって行くのでしょうね。

●普及率ってどのくらいなの?
では、実際にはどの程度の人が電子書籍をつかっているのか?というのが気になる所ですが、ちょっと調べて見ると、直近で以下のような調査結果が出ていました。

~エムティーアイが電子書籍の利用動向に関する調査を実施~ 
全体の約6割が利用経験あり、60歳代でも約4割!(9月6日 ㈱エムティーアイ発表)
http://www.mti.co.jp/?p=14130

これをみると、6割が利用経験あり、ということで、思ったよりも多いなあ、とも思いましたが、この調査は基本的にある程度電子辞書に興味のある人が対象となっているので、実際の利用率よりも高めとみた方が良さそうです。
また、6割といっても1年以内に使った事がある人が5割弱、使ったことはあるが1年以内にはつかっていない人が1割弱、という結果なので、私のようにたまに思い出して使ってみる、という人が結構多いのではないか、と思うのです。そう考えると定常的につかっている人は、まだまだ少数派だな、と思います。

●普及しない原因は?
そもそも電子書籍が普及していない原因としてはいくつかありますが、これはNaverまとめにうまくまとめられています。

【iPad/Kindle/kobo】日本で電子書籍が普及しない6つの理由
http://matome.naver.jp/odai/2134682231457577401

更にいえば、下記の記事でも取り上げられているとおり、これまではデータ規格が日本であまり統一されていなかったから、ということでしょうか?

電子書籍、国際規格で…出版41社が制作指針
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20120907-OYT1T01606.htm

規格が統一されれば電子書籍の普及に弾みがつくだろう、と記事には書かれていますので、今後、期待したいところです。

個人的には
 ・流通の手間が省ける分、安くして欲しい
 ・電子書籍でも古本屋ができるようにして欲しい
 ・端末を選ばずに読めるようにして欲しい
といった要望があり、これができたらもっと弾みがつくだろうと考えています。

外出時にiPadとビジネス書を1冊カバンの中に入れて持ち歩くと、結構な重量になって、長時間肩にかけて歩くと体のバランスが崩れそうで、ちょっと困っています。早くiPadだけで済ませられるようにならないかなぁ、と思う今日この頃です。

iPadとビジネス書

VAIO type P

  • 2009/01/16(金) 14:45:51

最近のPCの話題と言えば、低価格のモバイルノート、いわゆる"NETBOOK"と呼ばれるものに関することが多いのは皆さんご存じ通りです。

でも、私にとっては、安い、小さい、と言うだけでは全く興味が湧きませんでした。なぜなら、今使っているノートパソコンの重量がNetbookとほぼ同じなのです。よって、今更、重量が同じでスペックの低いノートを持ち歩く気は全くしないし、そんなもの使ってもストレスがたまるだけ、と思っていたからです。

そんな中、ようやく私が欲しいと思えるUMPCが出ました。
それがソニーのVAIO type Pです。何がいいって、軽量(これまでのNetbookの半分強!)でそれなりのキーピッチを確保しているといういことです。実は私のモバイルノートの選択の基準はこの2つに尽きるのです。その意味で今回の製品はソニーらしい、すばらしい提案だと思いました。ソニーのパソコンは壊れやすいとか、熱がこもりやすいとか、いろいろな悪い評判も耳にしますが、やはりコンパクトさとデザインでは群を抜いているように思います。仕事ではないけど、ちょっとした外出や旅行の時なんかに、念のためにメールチェックできる環境を、というシチュエーションで使うには最高だと思います。ひょいと持って出かける、という感じ。色の選択肢が多いのもオシャレでいいですね。ちなみに、私は赤がいいな、と思いました。

値段は他のNetbookと比べても倍くらいしますが、買いたい!と思える一品です。
実際のものを触っているわけではないので、詳細なことはここでは避けますが、やはり、後発の製品としては、このくらい特徴のあるものを出さないと、市場での注目は得られない、と言うことですね。最近のIT系のメールニュースでの取り上げ件数も他のNetbookよりも多いように思えます。

時間があれば、一度触ってみたいです。

そうそう、そういえば、もう一つ、欲しい、というか、触って見たい、と思った製品を最近見つけました。
それは・・・、次回の記事で書くことにします。
お楽しみに!!
(なるべく早く書くようにしますね!!(笑))

====================
ソニー VAIO type P 製品サイト
http://www.jp.sonystyle.com/Style-a/Product/P/index.html

日本語入力

  • 2008/09/26(金) 20:20:23

なかなか書く内容が思い浮かばず、少し時間が空いてしまいました。
反省、反省・・・。

今回はちょっと話題を変えて、PCの日本語入力について書きます。

少し前の話になりますが、日本語入力システムをIME2007からATOK2008に変えました。
今にして思えば、「もっと早く変えとけば・・・」と後悔の思いしか残ってません。
と言うのも、「なんか変だな?」と思ったのは、昨年末、業務の関係で「Office2007」を使い始めたころ。使うに従って、不満が募ってきたので、ネットで検索してみると、出るは出るは、悪評の嵐。
極めつけは元某MS社の社長をされていた方が、「最近のIMEはどうなっているのか、と社員にきいてみた」といった内容のブログ。これを見たときに変えておけばよかった。

そうこうしているうちに、9月からATOKが月額300円で使える、という情報を得て、慌ててライセンス買わなくてもいいか、と我慢して使っていたのですが、その間も不満は募るばかり。
で、9月初旬にようやく体験版をインストールして使用開始!
あまりの使い勝手の違いに愕然としました。
IMEを利用していたときに困っていたのは、変換ミスもさることながら、次候補の表示が異常に遅く、作業の効率が非常に悪くなってきたことでした。
この悩み、ATOKに変えて一発解決。さすがにすべて思い通り、とは行きませんが、かなり満足しています。

それにしても、これまでそこそこ使えていたものが、使えなくなる、というのは困りもんです。下記の記事にも、IMEがOSとの抱き合わせでシェアを拡大していく中、日本語入力システムが姿を消していっていると伝えてます。確かに、初期でこそかなりの不満はあったものの、ただでそこそこ使えるから、わざわざお金かけなくても、という感覚で来ましたが、ここに来て、必要なものにはそれなりに対価を払わなければならない、と改めて感じています。

それにしても、IMEは今後、どうなっていくんですかね?
今はATOKがきちんとアップグレードされ、リーズナブルな価格で提供され続けることを祈るのみです。

=============================
松茸、WX、VJE――懐かしのFEPを思い出す
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/20/news002.html
Vistaを使い始めて何に困ったか? それは、日本語入力システムがあまりにもおバカなこと。「直前の誤変換データの送信」を何度クリックしたことか……。乗り換えようとほかの日本語入力システムを調べたら、ほとんどの製品が駆逐され、お寒い状況になっていた。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。