スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大臣の失言について考える

  • 2008/09/29(月) 19:23:40

中山国交相が辞任しました。
最近、政治家の失言が多いな、と感じている人は少なからずいらっしゃると思います。

なぜ、政治家の失言はなくならないのでしょうか?
「国民のために!!」なんて選挙の時には行っておきながら、実は見下しているようなメンタリティがどこかにあり、それがポロッと出てしまうのでは?とも思ったりしますが、本当のところはどうなんでしょうか?

私の中の最近の考えでは、自分の立場をきちんと理解していないからではないだろうか?というのがもっとも有力です。
大臣と言えば、会社組織に置き換えると役員に当たると思いますが、役員のい発言の中に顧客に対する重大な失言があったとすれば、当然、引責辞任の可能性もあります。しかし、同じ言葉でもそれが社内のクローズドな場であったり、また、役員としての立場を離れた、ビジネス以外の場面であれば、それほど大きな問題にはならないと思います。(ただのグチですね)
翻って、大臣にとって顧客とは誰なんでしょうか?
当然のことですが、全国民ですよね。
このことをきちんと理解していれば、少なくとも全国民が知り得るような場において、特定の人を批判したり、不快感を与えるような発言は慎むべきである、と誰もが理解できることだと思います。
(もちろん、政策論争の中では敵対する政党に対しては多少のことはあるでしょうが・・・)

でも、失言はいつまでもなくならない。
これは大臣となる人の資質の問題ではありますが、これだけ連続したことを考えると、そろそろ与党としての危機管理の問題にもなってくるのではないか?という気がしています。つまり、何らかの防止策を事前に打っておくことが必要、ということです。

そこで提案。

その1 大臣検定の実施
 最近の検定ブームを受けて、大臣検定なるものを作ってみてはどうでしょうか?
 たとえば、検定で80点以上とってないと、大臣には指名されない、みたいな。
 少なくともこれで必要な知識、立場の理解、と言ったことはクリアできると
 思います。何か問題があっても、「大臣検定通っているから資質としては
 問題ないと思った!」ということで、任命責任は少しは和らげることが
 できるのではないでしょうか?

その2 大臣研修の実施
 一般の企業では課長や部長になると管理職研修を受けさせられるケースが
 多いです。同様に、大臣に任命された人は大臣研修を受け、必要な知識、
 立場を再認識する、という場を作ってみてはいかがでしょうか?
 もっとも、大臣になると忙しくて、そんな時間はとれない!という場合も
 多いでしょう。特に今回の国交相のケースでは、研修する間もなく辞任、
 と言うことになってしまいますね。
 そう考えると、大臣に任命されそうな先生は研修を事前に受けておいて
 いただき、任命時に検定を受けてもらう、と言うのが現実的かもしれません。

こんな検定や研修プログラム、きちんと作ることができれば高値で売り込みができそうですね。特に、政権交代が頻繁に起きるような状況が起きればニーヅも高くなりそうですね。

とちょっと非現実的な話をしてしまいましたが、もちろん、検定と研修の提案は半分冗談です。ただ、リスクマネジメント、と言う観点から、組織として何らかの対策を打つべきタイミングではないでしょうか?

スポンサーサイト

日本語入力

  • 2008/09/26(金) 20:20:23

なかなか書く内容が思い浮かばず、少し時間が空いてしまいました。
反省、反省・・・。

今回はちょっと話題を変えて、PCの日本語入力について書きます。

少し前の話になりますが、日本語入力システムをIME2007からATOK2008に変えました。
今にして思えば、「もっと早く変えとけば・・・」と後悔の思いしか残ってません。
と言うのも、「なんか変だな?」と思ったのは、昨年末、業務の関係で「Office2007」を使い始めたころ。使うに従って、不満が募ってきたので、ネットで検索してみると、出るは出るは、悪評の嵐。
極めつけは元某MS社の社長をされていた方が、「最近のIMEはどうなっているのか、と社員にきいてみた」といった内容のブログ。これを見たときに変えておけばよかった。

そうこうしているうちに、9月からATOKが月額300円で使える、という情報を得て、慌ててライセンス買わなくてもいいか、と我慢して使っていたのですが、その間も不満は募るばかり。
で、9月初旬にようやく体験版をインストールして使用開始!
あまりの使い勝手の違いに愕然としました。
IMEを利用していたときに困っていたのは、変換ミスもさることながら、次候補の表示が異常に遅く、作業の効率が非常に悪くなってきたことでした。
この悩み、ATOKに変えて一発解決。さすがにすべて思い通り、とは行きませんが、かなり満足しています。

それにしても、これまでそこそこ使えていたものが、使えなくなる、というのは困りもんです。下記の記事にも、IMEがOSとの抱き合わせでシェアを拡大していく中、日本語入力システムが姿を消していっていると伝えてます。確かに、初期でこそかなりの不満はあったものの、ただでそこそこ使えるから、わざわざお金かけなくても、という感覚で来ましたが、ここに来て、必要なものにはそれなりに対価を払わなければならない、と改めて感じています。

それにしても、IMEは今後、どうなっていくんですかね?
今はATOKがきちんとアップグレードされ、リーズナブルな価格で提供され続けることを祈るのみです。

=============================
松茸、WX、VJE――懐かしのFEPを思い出す
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0809/20/news002.html
Vistaを使い始めて何に困ったか? それは、日本語入力システムがあまりにもおバカなこと。「直前の誤変換データの送信」を何度クリックしたことか……。乗り換えようとほかの日本語入力システムを調べたら、ほとんどの製品が駆逐され、お寒い状況になっていた。

佐渡国際トライアスロン

  • 2008/09/09(火) 17:28:54

先週末、佐渡島に行ってきました。
表題のトライアスロンの大会に参加するためです。

何を隠そう、私はトライアスロン歴23年で、ベテランというよりも化石に近い状態ですが、それでも自分なりに目標をもてばがんばることができ、かつメタボの心配をまったくすることなく暴飲暴食を楽しめる、私にとってはライフワーク的な楽しいスポーツとなっています。

さて、佐渡のこの大会は今回で20回目、二十歳の節目の年となりました。実は、私はこの第1回大会に参加しており。このときが私の記念すべき初ロングでした。そんな思い出もあり、20年ぶりに佐渡のロングコースに挑戦しようと思った次第です。
ちなみに、トライアスロンの距離でいう「ロング」の定義はやや曖昧ですが、最後のランニングがフルマラソンと考えればほぼ間違いないと思います。

さて、結果ですが、総合22位(完走者635人)、年代別2位というまずまず満足のいくものでした。当日は雨の予報でしたが、スタート時点では曇りで準備等に支障はなく、スムーズにスタート。しかし、スイムから上がってバイクに入った後、しばらくしてついに降り始めてしまいました。海沿いの細かなアップダウンとコーナーの多いコースで雨に濡れた路面はかなり気を遣いましたが、思ったよりも調子よくバイクを終えることができ、予想以上の好順位でランへ。
ランに移ってからはとにかくマイペース、今できる最高のフォームを維持することを心がけて走り、一時は総合10位まで順位を押し上げたものの、練習不足はごまかしようもなく、後半ズルズルと後退し、最後は歩くのと変わらないくらいのペースでようやくゴール。
ラン後半でかなり多くの人に抜かれたので、年代別表彰は無理とあきらめてましたが、予想外の年代別2位。がんばった甲斐がありました。

今回のレースの目標はマイペースを維持し、大崩しないことだったので、とにかく無理しないことを心がけ、ランでは絶対に歩かない、と決めて走りました。これがよかったかな?と現時点での力を出し切ることができたことに満足しています。

帰りにはおいしい地酒とイカの一夜干しを買ってきたので、しばらくは佐渡気分で楽しめそうです。

Xbox 360 値下げ

  • 2008/09/03(水) 10:28:43

Xbox 360 が値下げされるようです。
個人的にはゲームはしないのですが(理由:基本的に凝り性なので、やりだすと、ほかのことを全くしなくなる可能性が高いため(笑))、一時期、ゲーム開発の会社にいたこともあり、このあたりの動向は気になるところです。
ダントツで売れているWiiの追撃を狙ってのことのようですが、個人的にはこれが最良の選択なのか、という疑問があります。
すでにいろんなところで言われているので、改めて言うまでもありませんが、WiiとXbox、PS3とは明らかにターゲットの顧客が異なります。

 Wii=既存のゲーマーに加えて、(というよりも)これまであまりゲームをしなかった人
 Xbox,PS3=RPG、FPSを中心にプレーするコアゲーマー

こう対比すれば、明らかにマーケットの大きさの違いは自明です。
単純にこれだけをもとに判断すると、値下げという戦略が正しいとは思えません。

しかし、この発表の直前にはで品切れのお詫び文を公式サイトで発表しています。(マイクロソフト公式サイトhttp://www.xbox.com/ja-JP/console_info_20080819.htm
一部のニュースサイトによれば、人気ソフトのおかげだとか(Xbox 360品切れ 「テイルズ」人気で ITmedia - 2008年8月20日)。

つまりは人気ソフトにけん引されて売上が伸びている状況の中で、一気にシェアを拡大しよう、という目論見なのでしょうが、それでもWiiには追い付かないのでは?と考えるのは私だけではないと思います。

では、どうすればよいでしょうか?
基本線はWiiがとった、ターゲット顧客層の拡大、という考えは変わらないとは思います。しかし、Wiiと同じようなコントローラーを使うのか、というと二番煎じで通用するほど甘くないでしょう。違った切り口での顧客層拡大の方法を考える必要があると思います。

それはなにか、と問われれば・・・。スイマセン、答えが明確にあれば、今頃、マイクロソフトに売り込みに行ってると思います。・・・ m(__)mペコリ

話は変わりますが、以前に「アメリカのゲーマーと日本のゲーマーではゲームに求めるものが違う」という話をアメリカでゲーム開発に携わっている人から聞いたことがあります。アメリカのゲーマーはゲームの世界観に入り込み、あたかもその世界の一人としてふるまうことに快感を覚える。したがって、高精細の映画のようなリアリティーを求める、というのです。その意味では、Xboxがアメリカで売れるのはよくわかりますね。もっとも、日本以上にソフトが充実している、ということも否めないとは思いますが。

このあたりの市場の違い、もちろんマイクロソフトの人たちはわかっているとは思うのですが、実行している内容を見るとそうは思えない、というのは私の正直な感想です。

======================================
マイクロソフト、「Xbox360」の値下げを正式発表

 マイクロソフト日本法人(東京・渋谷)は1日、据え置き型ゲーム機「Xbox360」三モデルを11日から値下げすると正式に発表した。最廉価モデルのXbox360「アーケード」と最上位の「エリート」をそれぞれ8000円値引きし、1万9800円と3万9800円にする。競合するWii(2万 5000円)やプレイステーション3(3万9980円)を下回る価格設定で年末商戦に臨む。
(日本経済新聞 2008年9月1日)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。