スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首里城

  • 2008/11/11(火) 19:54:12

伊是名島の帰り、飛行機の関係で那覇で時間が空いたので、首里城に行ってきました。
広い範囲で沖縄、と言うと宮古島(当然トライアスロンのためです)や石垣島を含め、何度も行っているのですが、実は首里城に行くのは初めてでした。

行く前には、「どうせ在り来たりの観光地」としか思っておらず、あまり期待していなかったのですが、よい意味でこの考えは裏切られました。首里城自体はそれほど大きな城ではありません。基本的にはあまり戦争をするための要塞的な要素、たとえば城壁から鉄砲を撃つための穴とか、はほとんど見られず、宮殿的な要素の方が強かったように思います。復元された建物は博物館のようにいろいろな資料が展示されており、琉球王朝の歴史を勉強することができました。

最初に見たのは守礼門。切手、2千円札でおなじみですが、思ったより小さく、色もくすんだ感じだったのでちょっと拍子抜けでしたが、これが実物、ということで事実認識しました。

切手、2千円札でおなじみの守礼門 思ったより小さく、色もくすんだ感じだったのでちょっと拍子抜け


正殿の前は中国の紫禁城のミニチュアかと思うような中国式、そうかと思えば、中に入れば日本の書院造りと、いろいろな文化をミックスして、取り込んでいるようで、琉球の人たちの柔軟さ、したたかさを感じた次第です。

ラストエンペラーを思い出しますね


写真は土砂降りの中で撮ったので、拡大してみると、屋根からかなりの雨水が垂れています。

一通り展示物を見て、琉球の歴史を学んだ後、建物の外に出ると、雨も上がって、ほっと一息。
そんなこともあってか、城門ヘ向かう間の城中の雰囲気はとてもしっとりとして、なぜか不思議な落ち着きを覚えました。しばらくボーッとたたずんでいたくなるくらい。
まあ、トップシーズンで観光客が多すぎるとそういうわけには行かないのかもしれませんが、また機会があれば行ってみたい、と思わせる、とてもよい雰囲気でした。

最後に城門(歓会門)のシーサーです。
最近のファニー系のシーサーと比べると歴史の重みを感じますね。

首里城・歓会門のシーサー

スポンサーサイト

伊是名88トライアスロン

  • 2008/11/06(木) 19:46:13

先週末、沖縄の伊是名島で行われたトライアスロンの大会に行ってきました。以前から知り合いに、「とてもすばらしい大会」と聞いていたので、是非出てみたいと思っていたのですが、なかなかタイミングが会わず、残念ながら出場できずにいました。今回は3連休ということもあり、ようやく出場がかないました。

伊是名島といっても、ご存じない方も多いかもしれません。沖縄本島の北部に位置する、周囲十数キロ、人口1700人ほどの小さな島です。絵に描いたような、何もない田舎の島です。でも、ほっとする。これがトライアスリートに人気がある理由なんでしょうね。

ここに、選手が約800人、応援、スタッフも入れるとおそらく1000人近い人が一気に流れ込みます。当然、宿は足りず、公民館や一般の民家に泊まる人も出てきます。でも、そんな訳で島の人たちとより親しく接することができるため、これも人気をよぶ要因のひとつではないかと思っています。

さて、レースの方ですが、予想通りの展開で、Swimである程度の上位につけ、バイクで順位を押し上げ、ランで抜かれまくるという、佐渡の時と同じパターンにはまってしまいました。
もっとも、佐渡が終わった後、膝に痛みが出てしまい、満足にランの練習ができなかったので、ランの比重が高い今大会の距離構成では、最後まで上位にいることは難しいとは思っていましたが・・・。

Swimは波もなく、非常に泳ぎやすいコンディション。バトルを避ける位置取りを心がけたものの、前半はバトルに巻き込まれ、上顎に肘撃ちをくらい、唇の内側が切れてしまうアクシデントも。それでも1/4ほど過ぎたところで、何とか自分のペースで泳げる状態になり、省エネで大きく泳ぐことを心がける。25位でSwimをアップし、バイクへ。

バイクはほとんどフラットで、差がつきにくいコース。距離もそれほど長くないので、最初からペースを上げていくが、思ったようには順位は上がらない。そうこうするうちに後ろから来た集団に捕まり、最後まで、集団から抜き出しきれず、しかも集団から抜け出すためにがんばってしまったため、最後は膝のあたりが痙攣しそうになり、ランへの不安を残しつつ、バイクフィニッシュ。この時点で16位。

ランに入っても右足の膝周りの筋肉が痙攣しそうで、スピードは上がらない。
しかも、スタート直後から登りが続く。膝の不安を抱えた状態ではなかなか踏ん張りもきかず、どんどん抜かれていく。とても情けない。さらに、繰り返されるアップダウンで、歩くのと変わらないくらいまでペースが落ちてしまうことも。
しかし、不安だった膝は、ランの中間地点を過ぎても痛みは出なかったため、すこしずつペースが上げることができた。ラスト3,4キロは下り調子と言うこともあり、まずまずのペースであったと思う。
実は、前日に膝に「ニューハレVテープ」を貼っており、これが効いたように思う。予想以上に固定力があり、ほとんど痛みを感じなかった。非常に助かった。しばらく、愛用することになりそう。

最終的には36位でゴールしました。
うまくいけば10位前後、と思っていたのですが、やはりランの練習不足は隠せません。しかし、今回は「ニューハレVテープ」の効果を実感することができたので、今後の練習に希望がもてるようになってきました。

来年のハワイアイアンマンの出場資格を獲得すべく、シーズンオフもがんばります!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。