スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンターで食べる鮨

  • 2010/07/29(木) 19:46:08

今朝はまとまった雨が降って、ようやく暑さも一段落というところですかね?
昨日はいつも御世話になっているIC協会の暑気払いでした。
いつものメンバーに加え、新加入の方や初めて参加された方ともお話しすることができ楽しいひとときでした。いつもながら、元気をもらって帰ってきました。

さて、今日のお題はまたしても米子シリーズで恐縮ですが、どうしても話しておきたい楽しい経験があったので最後にもう一つ。

皆生トライアスロンの翌日、表彰パーティーではなるべく食べないようにして、米子出身の人(以前の会社の先輩にしてトライアスロン仲間)に教えてもらった鮨屋に行きました。(出雲大社に行く前ですね)
米子の繁華街にある「両国鮨」というところですが、お昼は予約のみなので、予約していってみたら、客は我々4人だけでした。
カウンターに並んで、地物の魚を中心にした新鮮なネタをおまかせで握ってもらいます。
予算をあらかじめ伝えておけば、予算に合わせて出してくれるので安心、安心。
シャリはすべて「かまどだき」で(店には炊飯器はない?!)、ネタの大きさに比べるとシャリは小さく、シャリとネタがいい感じて口の中でほぐれる。
本物の鮨を久々に食べた、って感じです。1つ1つ食べる度に顔がほころびます。

それにも加えて、楽しかったのは大将との会話でした。
カウンターに我々4人だけなので、大将のおしゃべりも弾みます。
地元のサクザに鉄火巻の語源を教えた、って話やどうして自分が鮨屋になったか、なんて他愛もないと言えば他愛もない話がほとんどなのですが、この軽い話がまた楽しいんですよね。
そういえば、カウンタで鮨食うのって、この会話も楽しみに1つだったんだよな、って改めて思い出しました。
鮨の旨さに、アットホームな雰囲気での大将との会話。
食事の善し悪し、って食事の味自体もそうですが、その場の雰囲気にも大きく左右されるよな、って、久々に実感したのでした。
なんか、値段以上に楽しませてもらった感じがします。
値段以上の仕事をする、って自分のモットーを改めて思い返した次第です。

こんなすてきな鮨屋を紹介していただいた先輩にはただただ感謝、感謝。
機会があれば、また行きたいです。

P.S. あまりの旨さに写真撮るのを忘れてました・・・

スポンサーサイト

当事務所のホームページ表示の不具合(文字化け)について

  • 2010/07/29(木) 10:04:09

7月26日~29日朝まで、当事務所のホームページにおきまして、一部、文字化け等の表示エラーが発生しておりました。
これはサーバー移行に伴って、設定がうまくできていなかったことによるもので、現在はこれを変更して、正しく表示されるようになっております。
ホームページをご覧いただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。慎んでお詫び申し上げます。
なお、その他にも表示エラー等、ホームページで気づいたことがありましたら、当事務所ホームページのお問い合わせからお知らせいただけると幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

出雲大社

  • 2010/07/28(水) 00:34:26

ロングのトライアスロン大会後の恒例ともなっている、レース後観光シリーズ。
今回は出雲大社です。

米子には学生時代の友人が住んでいて、事前に連絡を取って、帰る前に一杯やろう、って話をしてました。すると彼が「時間があるなら、米子近辺を案内するよ」と言ってくれたので、お言葉に甘えて、出雲大社に連れて行ってもらいました。

レースの翌日、以前の会社の先輩のお勧めの鮨屋で昼食を取った後、彼の車で出雲大社に向かいます。
ちなみに、米子から出雲に向かう高速道路は現在無料化テスト中の路線で、車はずいぶん増えた、との事でした。

到着して、まず最初に驚いたのが巨大な日章旗。風になびいていたので、その巨大さがよくわかりましたが、後で聞いたら、どうやら日本一大きな日章旗らしく、しかもNHKの放送終了時に映し出される日章旗はこの出雲大社のもの、と聞いて、二度ビックリです。

さて、本殿に向かうと思いきや、なんかどんどん離れた方に友人が進んでいくので何事かと思いましたが、実は出雲大社は現在、「平成の大遷宮」の工事中で、本殿が素屋根ですっぽりと覆われていて、外からは全く見えない状態。失敗した、と思いきや、友人の伝手で工事現場(内部)の見学できることになっていたので、工事現場の事務所に向かっていたのでした。
その後、素屋根の中の現場を見せていただきました。本殿の敷地は通常は立ち入りできないのですが、工事のため、内部には足場も組まれているため、本殿の屋根も部分も間近で見ることができました。このとき、取り外された千木や勝男木の中も見ることが出来ました。
60年も経っていると、木は部分的に腐っており、腐った部分がそれほど大きくなければ、この腐った部分を削り、継ぎ足す形で元の形にする、とのことでした。

見学しながら、先人たちの知恵のこと、巨木が少なくなった今の日本では同じような材料を調達できないかもしれないこと、いろいろと話を伺うことができ、2度とできないような経験をさせてもらいました。
おそるおそる、工事現場の写真を撮っても良いかと伺ったところ、「神様の住むところですから」と言って却下されました。ま、当然でしょうね。「次の遷宮は60年後ですから、2度と見ることはできないと思いますから、しっかり目に焼き付けておいてください」と付け足され、しっかりと見てきました。
(詳しくは出雲大社のホームページをご参照ください)

ちなみに、前回の遷宮は昭和22年頃、当時の事を知っている人はほとんどおらず、しかも、その頃の記録は失火により消失してしまっているとのことで、ともかく、解体しながら、手探りで行っているとの話を聞いて、大変だが重要な仕事だと思った次第です。

もちろん、見学後にはちゃんと参拝してかえってきましたよ。
御祭神 大国主大神様は現在、御仮殿にお鎮まり、とのことで、こちらの御仮殿で参拝。
出雲大社は普通の神社と違って、二拝四柏手一拝(2回礼、4回柏手を打つ、1回礼)で拝礼を行うとのことで(神社での参拝の作法は、二拝二柏手一拝が一般的)、作法にしたがって参拝してきました。
出雲大社 素屋根←素屋根です 出雲大社 神楽殿←神楽殿です

米子に戻った後、当然のごとく、友人と酒を酌み交わします。
車中での、「最後に会ったの、いつだっけ?○○の結婚式?」みたいな会話から始まり、昔の思い出、最近のことと話は尽きませんが、お互い、会えなかった間での成長を確認する事ができ、元気をもらいました。
お腹も一杯になって、酔いもいい具合に回ったところで、お互い「がんばろう」と約束し、再会を期して別れました。
とても有意義な時間でした。
(念のため言っておきますが、彼は運転代行してもらって帰ったので、飲酒運転はしてません)

別れ際、実は痛恨のミスをしてしまいました。
帰りに寄った島根ワイナリーでお土産に買ったワインを彼の車の中に置き忘れてしまったのでした。
すぐに送ってもらって、事なきを得たのですが、その忘れたワインの名前が「ENMUSUBI(縁結び)」
どうやら、まだまだ、「縁結び」とはほど遠いようです・・・。

皆生トライアスロン

  • 2010/07/23(金) 18:24:06

梅雨も明け、夏本番ですね。連日、猛暑が続いてますが、夏バテなどしてませんか?
先週末の三連休はちょうど梅雨明けと重なったようで、夏の休日を満喫された方も多かったのでは?
私はこの三連休で鳥取県米子市では行われた皆生トライアスロンに行って来ました。
この大会は日本最古の大会、日本のトライアスロンの発祥地なんですね。
今年が30回目の記念大会。実は競技歴25年の私も皆生は初めてなので、
記念大会に出場することが叶い、気合いを入れていきました。
昨年は豪雨のため、途中で中止となった同大会でしたが、今年は梅雨明け直後で灼熱地獄の予感。幸か不幸か、その通りとなりました。
以下、レースの報告です。

午前7時スタート
スイムは梅雨末期の豪雨のせいか、河口付近でやや水温が低いところもあるものの、波はほとんど無く、とでも泳ぎやすいコンディション。ただ、途中でミスコースしそうになり、少し止まってしまったのが、ロスとなり、予定よりやや遅い48分で終了。(Swim=3k)
上がってみると、今回優勝した藤原さんや6位の河村さんとほぼ同時。ややショック・・・。
(いつもなら、どちらも抑えてSwimを終えているのに・・・)

気を取り直し、バイクへ。
アップダウンが激しいので有名なコースだが、下見の結果、前半の大山登りは抑えめに行って、中盤から後半のアップダウンの連続に備える、というイメージで走ることにとした。
前半は予定通り、余裕を持って大山登りを終えたものの、後半に入り疲れが出てきてややペースダウン。
特に終盤の向かい風の強いところでは全くスピードが上がらず、どんどん、おいて行かれる。
練習の時から疲れやすいという感覚があったのだが、やはりその通りになってしまった。

後半、ヘロヘロになったものの、何とかバイク終了時点で21位でランに入る。
1-2キロ走ったところで小原さん、女子優勝者の堀さんと並ぶ。しばらく並走したものの、最初のエイドでのんびりしている間においていかれる。調子は悪くはないが、なかなかスピードが上がらない。
10kで約1時間。なんとか4時間は切りたいと思ったものの、スピードは上がらずに、暑さは増すばかり。
それでも30k過ぎまでは4時間コースぐらいのペースで推移するものの、徐々にからだが動かなくなってくる。
そして、ついにやっちまった、ハンガーノック!!!
完璧に体が動かなくなり、立っているのが精一杯。とにかくエイドで大量の飲食を心がけ、回復を待つ。
15分から20分ほどフラフラしていただろうか?あるところで、ふと意識が回復し、ぼちぼちまた走り始める。
最後は、なんとか走ってゴールイン。10時間4分19秒。予定よりも30分ほど遅いタイムだったが、総合58位で悪いながらも何とか踏みとどまった感じ。それだけにランでのハンガーノックは悔やまれる。

ゴール直後は、信号を守って走らなければならないコースに苛だって「2度と出ない」とも考えましたが、だんだん悔しさの方が増してきて、最近は、リベンジしたい、と言う気持ちが強まって来てます。
しんどかったけど、初めての皆生、楽しませてもらいました~!!

ゴール後、同じチームで米子出身の人のお兄さんがマッサージをしている、とのことだったので軽くほぐしてもらいましたが、レース前から疲労がたまっていた事を見抜かれ、ドッキリ。
しばらくは休養と治療に専念することにします。

続きを読む

iPad追随 タブレット端末の特徴とは?

  • 2010/07/13(火) 06:59:02

7月も中旬を迎え、梅雨明けが待ち遠しい時期ですが、ここのところ、ゲリラ豪雨が各地で発生しているようですね。
幸いにして私のところは被害に遭ってませんが、被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

そんななか、私は今週末に控えた「第30回 全日本トライアスロン皆生大会」に向けて最終調整中ですが、なかなか疲労が抜けず、こんな状態で思ったような成績が出せるのか、とっても不安になっています。
昨日も、近所の整骨院で酸素カプセルに入って疲労回復を図りましたが、それなりに効果があったような気がしてますが、果たして本番はどうなることやら。こちらはまたあらためて報告しますね。

さて、先日の日経新聞に、「国内パソコン各社、タブレット型端末参入 iPadに追随」という記事が出ていました。
東芝、富士通、ソニー、NECがタブレット端末を発売する、と言うもので、東芝、NECはアンドロイドを採用するとのことです。特徴としては、SDカードスロット、USBポート等の外部接続機能を備えていること、となっています。

正直言って、ガッカリしました。
外部接続機能があるだけで、iPad以外の製品を買う人はどの程度いるのだろうか?と。
結局、日本のメーカーは「人まね」しかできないのか、と。
確かに、これまでの携帯電話の開発等を見ると、独自路線にこだわりすぎて開発費がかさむ、市場投入までに時間がかかる等の問題が発生してました。その点から行けば、アンドロイドを採用する、と言うあたりはこのあたりの問題を解決するための方法の1つと言えそうです。
とはいえ、明らかに「iPadもどき」と言えるモノを低価格で作る、と言うことが本当に取るべき戦略なのでしょうか?
私の予想では、iPadはやはり売れ続け、他のメーカーのモノが価格競争を起こす、という構図が起こるような気がします。
そうこうしているうちに、次世代iPadが他のメーカーが思いもつかないような機能を備えて発売され、更に突き放す、という流れが見えます。

iPhone、iPadは強烈なプロダクトアウトの製品と言ってよいか思います。
おそらく、マーケットインの発想では開発できなかったモノでしょう。
つまり、消費者が考えもつかないようなモノを誰でも使いやすいかたちで提供する、という究極のテーマがあり、それを具現化することで生まれた製品であると考えます。

追随する製品を作っているだけではいつまで経ってもAppleには追いつきません。
その昔、ソニーがウォークマンを作って、携帯音楽プレーヤーという市場を作ったように、いまこそ、強烈なプロダクトアウトの製品を作ることが必要なのではないかというのが私の考えです。
確かにリスクはありますが、リスクを取ってこそ大きな成功が生まれるのだと思います。

翻って、自分は「リスク」を取っているか、と考えて見ると、今の自分はリスク回避ばかりしてきたように思います。
今後は、大きな市場を取るためには積極的にリスクテイクする、という姿勢で臨みたいと書いていて思った次第です。
人の事ばかり言っていても仕方ありません。

「立ち食いそば・うどん」には価格競争はないのか

  • 2010/07/08(木) 23:51:19

暑い日が毎日続きますね。
皆さん、体調など崩しておられませんか?
先日もある社長さんと話していたら、「ここのところの暑さで新人営業マンのアゴが上がってきている」なんて事をおっしゃってました。確かに、力の抜き方をまだ知らない新人には応える暑さですね。
皆さんもご自愛のほどを。

さて、今日は前々から気になっていた「立ち食いそば・うどん」について。
本日の日経新聞にも「牛丼、なおデフレ色」なんて記事が出ていましたが、相変わらず、消耗戦とも言える価格競争が続いているようです。
一方、「立ち食いそば・うどん」ですが、ほぼ同じ業態で競合といってもよいかと思われるのに、全くこのような話題は出てきません。Googleで検索しても、価格競争という話題は見あたりません。
それどころか、「経営するなら「ラーメン店」より「立ち食いそば」?」なんて記事も出ているくらいで、原価も低そうで利益も上がっていることが想像されます。価格競争とは全く無縁に見えます。
価格的には素のうどん、そばで牛丼チェーンの最安値の牛丼並盛とほぼ同等。トッピングすると当然値段は上がり、牛丼のランチセットの値段に近くなる。お昼はうどんそばだけでは寂しいから、と思って丼物セットにすると、ほぼ同じか、牛丼屋より高くなります。価格的なお得感からすると、牛丼の方が高いようにも見えますが、そば・うどん店もそこそこ人が入っていて、混雑しているとそれなりに待たされます。

価格、店舗形態からして、競合となっても良いはずなのに、競争の影響がほとんど出ていないように見えるのは何故か?
利用する時間帯(場面)が違う(個人的な使い方としては、牛丼=昼食がメイン、そば・うどん=朝、飲んだ後のシメがメイン)、そば・うどんの方がメニューのバリエーションが多く、価格競争が起こりにくい、そもそも店舗数自体が牛丼チェーンほど多くなく、各エリアで直接的な競争が起きにくい等々、考えられる要因はいくつかあるかと思いますが、決定的な理由がよくわからない。

このあたりの回答が明確に得られれば、何か他にも活かせるのではないかと思っています。
もう少し、自分でも考えてみようかと思いますが・・・。

ひょっとすると、各牛丼チェーンも近くに競合店があり、うどん・そば店が無ければ、業態転換してみてもいいのかも?なんて思ったりもします。

まあ、この分野は素人なので、素人考えの浅はかさ、と言う部分もあるかもしれませんが、皆さんも思うことがあれば、是非、ご意見ください。
お待ちしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。