FC2ブログ

カウンターで食べる鮨

  • 2010/07/29(木) 19:46:08

今朝はまとまった雨が降って、ようやく暑さも一段落というところですかね?
昨日はいつも御世話になっているIC協会の暑気払いでした。
いつものメンバーに加え、新加入の方や初めて参加された方ともお話しすることができ楽しいひとときでした。いつもながら、元気をもらって帰ってきました。

さて、今日のお題はまたしても米子シリーズで恐縮ですが、どうしても話しておきたい楽しい経験があったので最後にもう一つ。

皆生トライアスロンの翌日、表彰パーティーではなるべく食べないようにして、米子出身の人(以前の会社の先輩にしてトライアスロン仲間)に教えてもらった鮨屋に行きました。(出雲大社に行く前ですね)
米子の繁華街にある「両国鮨」というところですが、お昼は予約のみなので、予約していってみたら、客は我々4人だけでした。
カウンターに並んで、地物の魚を中心にした新鮮なネタをおまかせで握ってもらいます。
予算をあらかじめ伝えておけば、予算に合わせて出してくれるので安心、安心。
シャリはすべて「かまどだき」で(店には炊飯器はない?!)、ネタの大きさに比べるとシャリは小さく、シャリとネタがいい感じて口の中でほぐれる。
本物の鮨を久々に食べた、って感じです。1つ1つ食べる度に顔がほころびます。

それにも加えて、楽しかったのは大将との会話でした。
カウンターに我々4人だけなので、大将のおしゃべりも弾みます。
地元のサクザに鉄火巻の語源を教えた、って話やどうして自分が鮨屋になったか、なんて他愛もないと言えば他愛もない話がほとんどなのですが、この軽い話がまた楽しいんですよね。
そういえば、カウンタで鮨食うのって、この会話も楽しみに1つだったんだよな、って改めて思い出しました。
鮨の旨さに、アットホームな雰囲気での大将との会話。
食事の善し悪し、って食事の味自体もそうですが、その場の雰囲気にも大きく左右されるよな、って、久々に実感したのでした。
なんか、値段以上に楽しませてもらった感じがします。
値段以上の仕事をする、って自分のモットーを改めて思い返した次第です。

こんなすてきな鮨屋を紹介していただいた先輩にはただただ感謝、感謝。
機会があれば、また行きたいです。

P.S. あまりの旨さに写真撮るのを忘れてました・・・

スポンサーサイト



当事務所のホームページ表示の不具合(文字化け)について

  • 2010/07/29(木) 10:04:09

7月26日~29日朝まで、当事務所のホームページにおきまして、一部、文字化け等の表示エラーが発生しておりました。
これはサーバー移行に伴って、設定がうまくできていなかったことによるもので、現在はこれを変更して、正しく表示されるようになっております。
ホームページをご覧いただいた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。慎んでお詫び申し上げます。
なお、その他にも表示エラー等、ホームページで気づいたことがありましたら、当事務所ホームページのお問い合わせからお知らせいただけると幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。