スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故関連の情報開示で考えたこと-なぜ安心できないのか?

  • 2011/03/22(火) 12:14:20

スーパーでの品薄、ガソリンスタンドでの渋滞等については、この週末でやや緩和されつつあるように思えますが、皆さんの周りはいかがですか?私は実家(愛知県)の母からは「米はあるか?」って心配の電話もかかってきましたが、幸い、冷凍しておいたご飯、レトルトご飯等、多少の備蓄があったので全く問題ない、ってことで母も安心したようです。米はなくても他に食べるものはたくさんあるから安心して、とも言いました。少しくらい偏った食事をしたとしても死にはしないとも。母とはその他にもいろいろと話をしましたが、最後は「戦争中に比べれば今の方がよっぽどましだ」ってことになりました。まさにその通りかもしれません。(ちなみに母は昭和ヒトケタです)我々は便利な世の中に慣らされすぎてしまったようですね。これを機に、もののありがたみ、コミュニティーの大切さ、等々を考え直すべき、とも思いました。

さて、今日の本題です。
原発事故関連のニュースがテレビ新聞を賑わせています。
この報道の中で私が気になった事が2つあります。
1つは原発事故自体がどのように収束されるのか、
2つめは食品の放射性物質の規制値の決め方 です。

(1)福島第一原発はどのような状態になれば危険性がなくなり、原発自体は
   どうなるのか、というシナリオがみえない


この点については、最近、ようやく情報が出てくるようになったように思いますが、事故発生直後は「今はこういう状況だから、こういう対応を取っている」という説明に終始し、その後のことが全くわからない、という状態だったように思います。このような先の見えない現状の説明だけでは不安を覚えこそすれ、安心できるはずもありません。マニュアルに基づいて想定内の対応している、という説明もありましたが、その先の完全解決までの見通し、シナリオが見えないとどうしても安心できません。
もっとも、私の情報収集不足によるところもあるのかもしれませんが、すくなくとも一般の人たちがTV等で情報を収集する、というレベルにおいては当てはまるのではないでしょうか?完全解決までの手順の見通し、可能であれば時期等に関してもぜひ開示して欲しいと思います。
もっとも、解決時期等を発表してしまうとこれだけが一人歩きする可能性もあるので、出し方、見せ方には細心の注意が必要とは思いますが・・。

(2)食品の放射性物質の基準量は何を元に決めているのか、が
   よくわからない


報道では、「基準値は上回っているが今すぐ健康に被害を与えないレベルなので安心して欲しい」という内容を繰り返しています。現状の放射性物質の含有量については、私は全く不安を覚えてはいないのですが、気になるのは情報開示のきっかけとなっているであろう基準値の決め方なのです。そもそも基準値を超えると何らかの影響がある、という考えのもとに基準値が決められているはずだと思うのです。その基準値を超えても影響がない、というこなら、どういう考えの元に決められたもので、どうなると危険なのか、というあたりも開示して欲しいものです。このあたりの開示がないとやはり誰もが安心できる状態にはならないのではないかと思っています。

ちなみに、読売新聞のサイトには以下のような解説がありました。
==============================
 Q 暫定規制値にはどういう意味がある?

 A 笠井篤・元日本原子力研究所研究室長によると、放射性物質を含む牛乳や乳製品を1日1リットル、水を1日2リットル、葉もの野菜を1日100グラムなどについて、それぞれすべてを1年間毎日摂取し続けた時に、発がんなど健康に害が出る放射線量を計算したものだ。仮に1回、規制値の100倍程度の放射性物質を誤って摂取してしまったとしても、身体的な影響は表れるものではない。だからと言って、規制値を超えるものを食べて良いというわけではない。
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110320-OYT1T00486.htm
================================
ここまで聞くと少し安心しますね。
政府からの公式発表や通常のニュースの中にもこういうのをちゃんと入れて欲しいな、と思います。

さて、やや強引な展開ではありますが、今回、私が不安に思った事って、実は企業経営にも当てはまることが多いと思うんですよね。
特に株主・社員への情報開示という点でしょうか。
例えば、現状が厳しいのでこういう対処をしている、というだけでなく、回復へのシナリオを客観的にみて実現性が高いと思えるような形で提示する。
何故、このようなKPIが決められていて、これをクリアした時としない時とでどのように会社の業績に影響が出るのか、をきちんと説明する。これによって、株主・社員の安心感、モチベーションはずいぶん変わってくると思います。是非、気を付けてみていただきたいと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
  • <%comment_captcha>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。